キャンプに行くために一戸建てを買う、というわけではないという話

キャンプよもやま話

僕も40歳を超え、実家の両親についていろいろと思うことが増えてきました。

また今のマンションはとても良いところなのですが、お年を召した方の入居が増えているような気がしてます。僕の個人的な意見としては今後マンションというのは年配の方の入居が増えて、若い世代の方々は住みにくくなるのではないかと思ってます。

とまぁ、僕の個人的な見解や実家の両親を迎えるかもしれないことを踏まえて今回一年奮起して一戸建てを買うことにしました。

ただ、このブログはキャンプブログなので、こうやったら一軒家が買えますよ、なんていう不動産お得情報は書きません。

なので、一軒家を持つとキャンパーとしてこんなメリットがあるよ、という点についてご説明したいと思います。

荷物を車に積むのが楽

実はこれに尽きると言ってしまっても過言ではないです。

夏場は拷問ですからね。それが解消されただけでもバンバンザイです。

マンションぐらいの搬入搬出は重労働

マンションにお住まいの方にとって家の玄関から駐車場までの距離というのはかなりの距離になるんではないでしょうか。

しかもマンションの玄関の車つけエリアがあったとしても、そこに車を長時間置くことができないので、荷物の搬入搬出エリアとしてはとても不便です。

僕はマンション生活の際は、玄関から駐車場までの長い距離をえっちらおっちら何往復して荷物の搬入搬出をしていました。それだけでも大変な作業です。

あまりにも大変なので、コールマンのアウトドアワゴンを購入したのですが、往復回数が減ったとはいえ、荷物の総量が増えたわけではないので、劇的に負荷が減りましたとは言いづらいですね。

コールマンのアウトドアワゴンは超おすすめです。マンション暮らしの方は一台お持ちになるとよいと思います。

ただし、劇的に楽になるわけではないですし、結構嵩張るものでもありますので、その辺はご理解いただいて購入されることをお勧めします。

DIYスペースの確保

キャンプ道具を自分で作ることが楽しいと思えるようになって、DIYをする機会が増えました。

そうなると作業スペースが欲しくなるんですよね。ただ、マンションだとそれがあまりないんです。

マンションは音に対して敏感な気がする

全ての分譲マンションに当てはることではないかもしれませんが、マンションというのは音に対して敏感です。

隣近所から苦情がきたりするケースもあると思います。

ベランダ注意

また音以外にも作業場所としてベランダの話があります。ベランダならば作業できるじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、ベランダも要注意箇所です。

マンションのベランダって共有箇所なんです。なんで、住居人がなんでもしちゃっていいわけではないようです。

となると十分な作業箇所を確保することも難しくなりますね。

一軒家ならば場所は確保できるし音も過剰にはならない

一軒家ならばスペースと音の問題を全て解決できるわけではないのですが、ある程度ならば解決に繋げることができるとおもいます。

とはいえ、有限なスペースですから工具を置く場所も含めて作業スペースには気を配った方が良いというのが個人の意見です。

なので、僕は工具としてブラックアンドデッガーのマルチツールを使っています。

使い勝手がめちゃめちゃ良いとはいえないですが、初心者の木工DIY導入編としてはそこそこ使える道具だと思います。

収納スペースが大幅にアップ

これも嬉しいですね。ただ気をつけないとすぐに荷物がいっぱいになってしまいます。

キャンプ道具は家の中にしまいにくい

キャンプ道具って収納に困りませんか。焚火のにおいにいぶされたテントやタープは家の中に持っていくのはあまり避けたいですよね。油まみれのバーベキューコンロなどもしかりです。

できるならば、外に置きたいのですがマンションというのは収納スペースがないんですよね。

「ベランダがあるじゃないか」という方もいるかもしれませんが、前に書いたようにベランダというのは共用部分であり、ベランダに物置を置くということは基本的には禁止です。

なのでどうしても室内に収納しなければいけませんが、室内にも余裕のあるスペースというのはあまり存在しません。

物置である程度は解決される

一軒家であればスペースがあれば物置を設置することができます。物置ながらテントやタープ、焚火台などは置くことができますよね。コンロなども置くことができますが、安全面としてガスボンベとコンロは別のところに置いた方がいいですね。

物置の中には、トランクカーゴで整理整頓をすればいいと思います。トランクカーゴに入れておけば、物の出し入れは簡単ですし、キャンプ道具としてまとめておけばすぐに準備することも可能です。

ベランピングしやすい

ベランピングという言葉はコロナが蔓延してはやりだした言葉ですね。ベランダでテントを張って、遊ぶというものです。テントを張らなくても、椅子と机を出してそこでご飯を食べるだけでも良いと思います。

マンションでも頑張ってベランピングをしている方はいますし、頑張っているなと関心をしますが、やはり窮屈ですね。僕も実際にやったことがあるのでよくわかります。

一軒家でも庭がない家もあるので、マンションと条件はそんなに変わらないという意見もあると思いますし、その通りだとも思いますが、駐車場のスペースを使ってベランピングをすることも可能です。ベランピング中は車をコインパーキングに停めておけばいいわけですから。

一軒家の方がそういった意味で個人が有効に活用することができるスペースがある程度確保できるというのは大きなメリットだと思っています。

最近は、インナーテントが販売されています。ここまでたいそうな物を買わなくても、安くでポップアップテントもありますので、そういった物を使って、ベランピングを楽しんでいただくというのもアリだと思います。

キャンプするならば一軒家のメリットはでかい

というわけで、今回一軒家を購入した結果としてキャンパーにとって一軒家というのはとてもメリットの多いものだということがとてもよくわかりました。

人生で1番大きな買い物かもしれませんし、建物というのは資産価値としてすぐになくなってしまうものかもしれませんが、皆さんも一考されてみては如何でしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました